【新入荷】1868年 フランス国立園芸協会メダル入荷しました

【新入荷】1868年 フランス国立園芸協会メダル入荷しました

今回は新入荷のメダルのご紹介です。

 

探すのにかなり苦労しましたが、非常に貴重なメダルです。

フランス国立園芸協会のメダルです。

 

 

フランス国立園芸協会とは?

フランス国立園芸協会とは何か?と思う人がほとんどだと思います。

 

1827年に設立され、園芸のプロを目指す団体で個人でも所属が可能です。

フラワーマネジメントとか花に関する仕事をしている人なら知っているかと思います。

DAFAという世界で通用するレベルの資格もあるほどです。

 

本場フランスでの歴史の長い由緒あるものです。

日本国内でも正式校や資格取得支援の講座も各地で存在します。

思っていたより展開していてびっくりしました。

 

正式名称はフランス語で「Société Nationale d’Horticulture de France」

長いので略して「SNHF」とされています。

 

あと10年で200周年を迎えるすごい協会です。

 

 

フランス国立園芸協会メダル

1868年と打刻されているメダルで、直径50mmとかなり大きめです。

重さも65gもあり、非常にずっしりとした重みと存在感があります。

 

プルーフのような反射があるため、自分自身が映り込みます。

 

真正面から撮影しようとすれば自分とカメラが映るほどです。

約150年前の物とは思えないほど綺麗です。

 

それだけではなく、かなり立体的です。

ナポレオン3世がどんな顔だったのか、というのがよくわかるほどです。

立体的かつ大きなサイズでしっかりと描かれているナポレオン3世、すごい存在感です。

 

このメダルをひと目見た時に「これだ!」と思って購入しました。

ここまで状態が良くて珍しい大きなメダルには早々出会えません。

 

 

決め手は箱付き

実は購入を決めたのはこのメダルのことだけではなく、付属品にあります。

メダルやコインの殆どは当時は箱があったとしても、今となっては行方不明になっているのがほとんどです。

付属品はとっておくのがいいよ、と現代では言われていますが当時はそんなに言われてなかったのかもしれません。

 

今回はこのメダルだけだったら買っていませんでしたが、箱付きだったので買いました。

箱付き、というのは非常に貴重です。

 

以前、1897年のグレートブリテン(イギリス)のゴールドメダルを箱付きで持っていたことがあります。

それよりも30年近く前の代物ですので、現存していることがすごいです。

当時の元々の持ち主がコレクターで、相当大事にしていたのだろうと推測できます。

 

さすがにあちこち傷みや細かい傷はありますが、それでも箱が壊れていない上に大きな傷もないのは素晴らしいです。

当然、その中に入っていたメダルの状態が良いのは、言うまでもありません。

 

 

動画で見るメダル

このメダルの美しさを言葉で表現する、というのが難しいです。

なので動画にしてみました。

現物を実際に見ていただくのが理想ですが、現実的ではないので動画でご紹介です。


角度を変えた際にたまにカメラが映り込むほど、綺麗です。

プレーンエッジの美しい1枚です。

プルーフほど反射はしないので、プルーフライクあたりが妥当かと思います。

 

こちらのメダルの関するお問い合わせ・ご相談はお問い合わせフォームをご利用ください。

 

↓ご購入はこちら↓

https://gm-stores.com/coin/products/detail/289

GMコインストアカテゴリの最新記事