明治~大正時代の円通貨、1円銀貨とは?

このコインについて

1円銀貨とは?

1円銀貨は今の1円とは違い、銀で作られていました。

発行されていたのは1871年(明治4年)から1914年(大正3年)までです。

日本で発行されたものですが、殆どは台湾や中国で流通していました。

 

また、1円銀貨は大型と小型に分類されており、大型は直径38.6mmですが小型は38.1mmです。

違いが僅か0.5mmのため、見た目だけで判断するのは非常に難しいです。

大型は1887年まで発行され、1888年以降は小型になりました。

 

ただし日本国内で流通させるためではなく、海外との貿易を目的として発行されています。

 

 

所在の殆どが国外の1円銀貨

元々の発行理由が貿易目的だったこともあり、今なお殆どは日本国外に存在します。

そのため、近年では日本に入ってくる1円銀貨などを「逆輸入」や「里帰り」などと呼ぶこともあります。

日本で生まれ、海外へ輸出されて100年以上経ってから戻ってくるという状態です。

 

1円銀貨とは別に貿易銀も発行されています。

1円銀貨は26.96gの416グレインでしたが、このままだと海外との差があったので貿易銀は国外に合わせて420グレインにされました。

貿易銀には海外の人にも通用するよう、日本語以外にも英語も書かれています。

1円銀貨は英語は使われておらず、漢字のみです。

 

日本国内にもそれなりの数が入ってきていますが、まだまだ海外の方が多いです。

海外オークションでも結構な頻度で出品されていますが、落札したのが日本国内在住かどうかもわからないため、別の国へ渡っている可能性もあります。

アメリカのオークションでアメリカ国内でぐるぐる回っている可能性もあります。

逆に、日本入りしたが海外へ「輸出」されるケースもあるため日本へ戻ってくる一方ではありません。

 

 

銀貨の中では最高値

現代貨幣では1円は一番安い通貨であり、これ以上下の通貨はありません。

しかし、当時の1円銀貨は銀貨の中では最高額面でした。

金貨を含めれば20円金貨が最高値ですが、銀貨に限定すれば1円銀貨が最高値です。

 

その下に50銭銀貨(1円の半分)、20銭銀貨、10銭銀貨、5銭銀貨がありました。

この中でも1円銀貨のみ銀の純度が90%で、それ以外は銀の純度が80%と少し低めでした。

大きさも額面が小さくなればなるほど小さくなり、重さも軽くなっていきます。

 

1円銀貨は大きさ・重さ・額面ともに一番高い銀貨でした。

 

 

意外と安価で買える1円銀貨

明治時代や大正時代のお金、と聞くと結構高いんだろうなというイメージが有るかと思います。

更に銀90%ということも考慮すると、状態が良ければそれなりに高いだろう、と思う人も多いです。

ですが、実際には結構安値で売買されています。

 

20円金貨は幻の年代もあったりして、ものによっては数千万円になることもあります。

それに対して1円銀貨は、高くてもせいぜい20万円~30万円程度です。

1~2枚しか存在しないような高グレードであれば100万円を超えることもありますが、基本出てくることがないです。

 

1円銀貨の殆どは安ければ1万円以下で取引されているほど、手に入れやすいものです。

人気がないわけではなく、それだけ流通量が多く手に入れるのも難しくないので安価です。

 

 

偽物も大量

最も難しいのが1円銀貨の偽物の存在です。

いわゆる偽札とかは当たり前ながら作ってはいけませんし、流通させるなんてのは論外です。

ただし、1円銀貨に関しては「廃貨」となっているため偽物を作ったとしても、犯罪にはならないのです。

そして附田偽物を販売することもOKだったりします。

 

いわゆる「贋作」ですが、販売するのはOKといってもそれを「本物」として販売すればアウトです。

これは贋作であり本物ではない、偽物ですよと説明して販売することは問題ない行為です。

なので、1円銀貨などでものすごい安値で売られているものがあったり怪しい物があった場合は説明文を要チェックです。

特にものすごく綺麗なのに安い物、贋作の可能性も考えてみましょう。

 

その反面、高く売れば贋作だと思わないだろうという心理を利用して、高値をつけて売る人もいます。

最近は偽物のクオリティもかなり上がってきているので、わからない場合は手を出さない、というのも1つです。

未だに「騙す気があるのだろうか?」レベルの贋作もありますが、本当に難しいのは素材・重さ・直径を全て合わせてきます。

 

偽物は予算のあまり組めない収集家向けに販売したり、パーティーグッズなどで使われることが多いです。

写真撮影の小物として用意したりするのには最適です。

メインを引き立てる役目を果たすのであれば、わざわざ高額な本物を手に入れる必要がないからです。

 

本当の収集家(コレクター)は何が何でも本物を選びます。

もはや執念とか生きがいのレベルかと思えるくらい、こだわります。

 

 

日本での1円銀貨の流通

貿易目的とはいえ、日本国内でも当時は1円銀貨は普通に流通していました。

元々、日本国内では金本位体制でしたが肝心の金(ゴールド)が不足したことで、銀を導入した経緯があります。

ゴールド不足により実態としては金本位ではなく銀本位な状態になっており、1878年に1円銀貨は日本国内で金貨と等価であるとされました。

 

1898年の通用禁止になるまでの20年間は流通し、製造も中止され市場からは姿を消しました。

その後、1円銀貨の製造が中止され暫時金貨幣への引き換えが実施されました。

1円銀貨が通用禁止になるため、実質引き換えせざるを得ない状況でもあります。

 

貨幣法の中で9種類の貨幣が定められましたが、その中に1円銀貨は含まれておらずそもそも1円という単位すらありませんでした。

当時の世界的な銀下落の影響もあり、各国の貨幣にも大きな影響を及ぼしました。

 

 

最後に

1円銀貨は特別レアなものではないため、入手難易度も価格帯も安く初心者向きです。

大きさも程よく日本でも人気の高いアンティークコインの1つです。

アンティークコインは年代によって価格が大きく異なりますが、1円銀貨の場合は「古ければ高い」が基本なので比較的わかりやすいです。

 

一部例外の年代もありますが、全体を通してみても大きな差はないのも特徴です。

アンティークコインの殆どは、特定の年代や造幣局のみが他と比べて価格帯が3桁違うことがよくあります。

それがないだけでも、これからアンティークコインを集めようと思っている人やちょっとだけ興味がある、という人にもおすすめです。

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。