GMコインストア コイン関連情報

コインケースは価値があるのか?

投稿日:

アンティークコインには、スラブ入りでありながら当時のコインケースがついている場合があります。

その価値について、解説します。

 

あるならぜひ用意したい一品

当時、コインが入っていた箱は、コインと同じ年数を過ごしているわけですから、それなりの価値を持っています。

 

アンティークコインとずっと一緒に過ごしていたコインケースをわざわざ別にする理由はありません。

むしろ一緒にあってこそ、真の価値を発揮するものです。

 

付属品があれば高くなる、アンティークコインに限らずどこも同じです。

今は何でもPDFとかでダウンロードできますが昔の機械の説明書なんて紙です。

その髪があるのと無いのとでは値段が違うのと同じです。

 

それに、当時のケースが一緒についているというのは珍しく、それだけでも充分な価値を持っています。

 

一緒にあるなら捨てずに大事に保管しておきましょう。

アンティークコインに興味のない人が「ゴミ」として処分しようとしますがとんでもない話です。

わざわざお宝を捨てるということですから、不思議なことです。

 

 

ケースありのほうが珍しい

 

どういった理由でそのコインが発行されたかもよりますが「記念」や「献上」といった場合には、だいたい豪華なケースが一緒についています。

 

それが100年、200年といった時を経て失われていたり、コインだけ残っていたり、コインケースだけ残っていたりします。

 

それを考えると、わざわざケースだけを捨てる、という選択肢がどこから出てくるのか、不思議で仕方がないです。

物によっては、とても貴重な一品で本来は博物館などに飾られるべき存在だったりすることもあります。

 

もしかしたら貴重な研究材料の1つ、ということも有り得る話です。

人の手を介しすぎて行方不明になって、貴方の元へやってきた、というロマン溢れる状況かもしれません。

 

そんなロマンある一品の「完全版」なわけですから、大事にとっておきましょう。

 

また、コインケースに限らず、そのコインに関する付属品となるものがある場合は、全て捨てずに置いておくのを推奨します。

 

当時の貴重な資料でも何でも良いです。ちょっとした部品みたいなものでさえ人によってはそれ目当てで買う、ということもありえます。

 

それがあるから買いました、ということもあります。

付属品なしはたくさん見てきたが、付属品有りは初めて見た、ということもあります。

購入の決め手は様々ですから、可能性があるものは取っておきましょう。

 

 

ケースは壊れていてもOK

さすがに100年、200年経過するとコインケースも劣化します。

経年劣化により蓋の部分が取れる、外れる、蓋がないのはしょっちゅうです。

それでもあるのなら、一緒に取っておくのがお勧めです。

 

普通は外れた蓋なんて直せませんが、稀に直せる人がいたりします。

本当に特殊技術になってきますが、可能性はあるのです。

 

理想は壊れておらずきれいな状態のままですが、ないよりあったほうがいいです。

いずれ誰かが捨てたり紛失する可能性はあります。

それでも、もう作れないものですから残しておくようにしましょう。

-GMコインストア, コイン関連情報
-, ,

Copyright© GMアンティークストア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.