未分類

【美しい1枚】1898年 モルガン銀貨 NGC-PF68 ダークトーニングとは?

投稿日:

今まで色々なモルガン銀貨を見てきましたが、ここまで美しい物は初めて見た、といえるほど美しい物を見つけました。

 

 

正直、美術館とかに展示されていても違和感のない1枚です。

 

 

写真を撮った人が天才的に上手いのか、この銀貨そのものが素晴らしいのか、両方なのか、とても気になります。

モルガン銀貨はレインボートーニングと言われる、虹のような輝きをしているものがありますが、こちらは虹ではなく、「闇」です。

 

決まった呼称はありませんが、呼ぶとするならダークトーニングでしょうか。

 

 

これを見た時に

 

 

元からこんなのだったかな?

 

 

と思ってしまいました。

 

銀貨なので錆てしまうと、黒くなることはありますが、ここまで綺麗な色合いは狙っても出せません。

 

これが100年以上経って出来上がった、自然の凄さです。

 

 

暗くなりすぎて何かわかりにくい、というのもよくありますが、これはそういったことがなく程よい具合にダークです。

 

 

そしてNGC鑑定でPF68というかなりの高グレード、発行枚数も735枚と非常に少なく、人気の要素を兼ね揃えた1枚です。

 

 

希少性が高い

状態が良い

見た目が良い

 

 

もはや文句なしの1枚です。

 

何より、こういったトーニングは1枚1枚違うので、同じ年代の同じグレードのモルガン銀貨を手に入れたとしても、見た目が全く違います。

 

PCGSやNGCの鑑定結果には影響が出ませんが、取引するなら綺麗なトーンの方が良いに決まっています。

 

 

 

もちろん、限定1枚です。

https://gm-stores.com/coin/products/detail/131

-未分類

Copyright© GMアンティークストア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.