見分けにくい偽物コインとは?

見分けにくい偽物コインとは?

 photo 9f00accaaa95e1cddc0737188621373e_s_zpsdagb7h7g.jpg
昔と違って今の時代は偽物の技術もかなり進化してきています。

昔は簡単に見分けがつく物が多かったです。

正直な所、騙す気があるのかと思えるものまでありました。

 

最近のは特に厄介になっています。

 

 

最近の偽物の特徴

最近のアンティークコインの偽物はレベルが上っています。

コイン自体の偽造レベルも上がっていますが、ラベル偽造もレベルが高いです。

そして厄介なことに、高額コインだけではなくそこそこお買い得なコインでも増えています。

 

一昔前はいわゆる「激レア」なコインだけが対象でした。

作る側としてもレア物作って売ったほうが数が少なく稼ぎは大きいので、そういった傾向がありました。

今の時代はそうではなく、簡単に大量生産できるようになりました。

簡単かつ安く素早く精度の高い偽物を製造、ということもあってより厄介になりました。

 

しっかりと見ればわかりますが、数十万円レベルのコインも増えています。

あまり話題になっていないようなコインまで偽物が出てくる時代です。

話題になっているコインの偽物は今も昔も出回るのはいつものことです。

話題になっていないコインまで出てくるのは、ある意味油断している人が多いのもあるかと思います。

 

それでも偽物は必ずポイントがあります。

そのあたりの理由などについては下記記事をご覧ください。

偽物コインが見破られる理由

 

 

コインは本物、でも偽物

一番厄介なのがコインは本物でスラブケースが偽物、というパターンです。

つまりPCGSやNGCの鑑定済みであることを偽っています。

ただしコイン自体は本物なので、グレードを偽造しているということになります。

 

この場合はコインだけを見て判断すると、「本物」という答えが出てきます。

確かにコインは本物ですが、グレードが合わないのです。

傷が多いけど未使用品、PCGSやNGCの結果でそうなら未使用品なんだろう、と考える人が多いです。

つまりグレードを信用しきっていて、コインが本物ならと疑わないのです。

 

この場合はコインを見た上でラベルも見る必要があります。

ちなみにバーコードを読み取る方法は使えません。

過去に偽物を入手したことがあり、バーコードを読み取りましたが使えました。

バーコード読み取りは可能、でもそのコインはコインもスラブも全部偽造品でした。

 

バーコードの件に関しては下記もご覧ください。

偽スラブはバーコード読み取りで防げるか?

 

もちろん数字も本物の数字を使っているので、検索すればでてきます。

鑑定済みだからと安心しきって見ていると、偽物であることに全く気付かないのです。

少しでも怪しいと思ったら、まずはコインをチェックします。

その後でラベルとかスラブケースにおかしなところがないか見て、判断する必要があります。

 

ある程度慣れている人であれば、持った瞬間や見た瞬間に違和感を覚えます。

もはや本能的なものですが、それでも「違和感」を感じるというのはとても大事なことです。

GMコインストアカテゴリの最新記事