金貨以外が海外で強い理由

日本でアンティークコインといえば圧倒的に金貨が多いです。

 

どういうわけか、金貨推しの人が多いですし金貨ばかり買う人もたくさんいます。

銀貨や銅貨には目もくれず、な状態ですが実際は銀貨のほうが高いケースが多いです。

 

むしろ金貨にものすごいこだわりがあるのは日本人くらいです。

金貨もいいですが銀貨やニッケルにも目を向けてみましょう。アンティークコインは材料の価値=コインの価値ではありません。

銀より金、というのは延べ棒とかの話です。

 

では何故海外では銀貨やニッケルとかが人気なのか?についてですが、過去の歴史や法律の都合です。

アメリカでは過去にゴールドの所有禁止があったり、国によっては輸出も輸入も出来ません。

もっと厳しい国になるとピアスやネックレス程度ですら銀もNG、となっていることもあります。

 

そういった国ではまず選択肢として金・銀が出てきません。

アンティークコインを買うにしても、金・銀があったとしても「うちの国じゃ無理だ」ということで避けます。

銀まで規制されている国はかなり珍しいですが、金規制は多いです。

 

そうなるとアンティークコインに限定して考えれば銀・ニッケル・銅あたりになります。

そういった事情もあってか、海外では金に対して壁を作ってしまう人が多いです。

アメリカの場合はまた同じことが起きたら、と考えて手を出さないほうがいいだろうというのもあるかと思います。

 

日本の場合は金に関しては所有禁止とかの制限はありません。金額によっては申告が必要だったりしますが、必要な手続きさえ踏めば問題ありません。

 

ただし、日本でも海外へ持ち出す場合は手続きがいる場合もあるので、注意しましょう。

 

アンティークコインは時代によっては金貨が全くない、ということもあるので金貨にこだわると見逃してしまうこともあります。

 

銀貨やニッケル貨でも美しいコインはたくさんあります。

金貨ばかり見ずに、たまには違うコインを見るのはいかがでしょうか?

タグ: , ,