Heritage Auctionsは最後まで気が抜けない

海外大手オークションの1つである、Heritage Auctionsですが、通常のオークションは

1回入札して、最高値で最後までいけば終わりですが、Heritageは少し仕様が違います。

 

その仕様についてまとめました。

 

 

ライブオークションシステム

 

ヤフオクやebayであれば、ネットから入札して時間になって最高入札者が落札、という流れ

ですが、Heritageも基本的には同じです。

 

ただし、Heritageの場合はライブオークションがあり、そこで最高値を付けた人が落札する、

というシステムになっています。

 

いわばフロアオークションです。電話入札、現地で入札、ネットで入札、色々とあります。

 

ここで勝てないと落札できない、という仕様になっており、途中からライブに切り替わります。

 

このライブに切り替わるまでが、「事前入札」という扱いになっています。

 

事前入札で最高値をつけて、誰も入札しなさそうだからといって安心していると、最後になって

負けます、というか何度か負けました。

 

開催時間がアメリカ時間で表示されているため、日本時間に直すと朝~昼頃、というのが多いです。

 

アメリカでは土日だったり祝日だったりするかもしれませんが、日本時間では月曜日だったりと、

サラリーマンには参加無理!なことが多いです。

 

しかも自分の入札しているロット番号がくるまで、延々と待ち続ける必要があるので結構時間も

かかりますし、何時くらいに見ればいいとかも目安も不明です。

 

でも、現地の司会の様子を見れたりする時があるので、それは本当に面白いです。

 

 

最後のラッシュがある時も

 

ヤフオクではよくある終了5分前あたりの攻防戦ですが、Heritageでもあります。

 

ライブの場合、ネットでの事前入札とライブに回ってからの事前入札があるので、始まった瞬間に

一斉に価格が上がる時があります。

 

更にそこから入札が入ると、どんどん価格も上がるし時間も伸びていきます。この1枚に何分

かかるんだ?という時もありました。

 

履歴が凄いことになっているのにまだまだ入札が増える、という状況でラッシュがありました。

 

ある程度の高値を入れておけば自動更新されていきますが、それを超えたらあとは手動で入れ直す

しかないので、高くなると思ったらライブオークションを見るのが一番です。

 

ただ、時間帯が時間帯なので難しい場合は知り合いや業者に頼むとか、対応したほうが良いです。

 

これでいけるだろう、と思っていたら全然いけなかったというのは多々あります。

 

確実に落札したい場合は慢心せずに、確実で安心な方法を取るのが無難です。

未分類カテゴリの最新記事