記念硬貨は価値がある?ない?

アンティークコインの話をすると、多くの人が記念硬貨の話をされています。

 

オリンピック記念だったり、万博記念だったり、何故か海外の記念硬貨を持っていたりと様々です。

 

アンティークコインとは少し違いますが、記念硬貨の価値についてまとめました。

 

 

 

基本的には額面通りの価値

 

アンティークコインと違い、記念硬貨は特別な価値が無いことがほとんどです。

 

というのも、記念硬貨を実際に支払いで使う人は少ないですから、発行枚数=現存枚数になります。

 

紛失などされていれば、ちょっとは現存枚数が減っている場合もありますが、基本的にはほぼ同じ数字になり、特別な価値が生み出されません。

 

ただし、例外として一部の記念硬貨は額面の数倍の値段が付く場合もあります。発行枚数が少ないとか、デザインが特別優れているとか、理由は様々です。

 

しかし、額面通りのものがほとんどなので、あまり期待しないほうが無難です。

あくまで「記念」ですから、思い出として取っておくのが良いでしょう。

 

※1万円金貨などの場合は、素材がゴールド、ということもあって少々特殊です。通常の記念硬貨と同じ扱いではないのでご注意下さい。

 

 

 

海外の記念硬貨は?

 

海外の記念硬貨は、物によりますが日本国内ではそれなりの価値が付く場合があります。

 

全部が全部、というわけではないですが国が違うので、その分珍しさはあるため、日本の記念硬貨を日本で売るよりは高値が付く可能性は高いです。

 

逆に、海外で日本の記念硬貨があった場合は、珍しさからそれなりの値段で取引されるかと思います。実際、自分の国にない物ですから、欲しい人は少なからずいます。

 

ちなみに外国の場合は最近多いのがカラーコインです。しかも素材が銀だったりするので、コインの素材そのものが価値がある、という場合もあります。

 

見た目が結構面白い物が多いので、趣味として買うのはありかと思います。アンティークコインと比べると、個人的にはアンティークコインを選びます。

 

ただしゴッドファーザーの銀貨だけは買いました。銀貨でしたが、個人的に気に入ったので買いました。普段はアンティークコインばかりですが、気に入ったものがあればどんどん買っていきます。

タグ: ,