アンティークコインを自分で輸入するメリットについて

NO IMAGE

とあるアンティークコインの輸入手続き中のGMです。

最初の頃と比べて慣れてきたので、だいぶ楽になりましたが昔は本当に苦労したのを覚えています。
さて、今回はアンティークコインを自分で輸入するメリットについてのご紹介です。
最大のメリットは
安く買える
です。
この一言に全てが詰まっている、と言えるほど大きなメリットです。
当然、間に誰かを挟むと仲介手数料とか色々とかかりますので、それを全部なしに出来るので安くなります。
(偽物が届くかも、壊れてるかも、紛失するかも、といったデメリットは今回は抜きに、メリットのみをご紹介します)
そしてこれは人によって好みが分かれますが、オークションに自分で入札して、他の人と競い合う楽しみがあります。
あれは楽しい人にとっては楽しいですが、とにかく手に入れたい、という人にとっては煩わしいかもしれません。
オークションの入札中のあの感覚(言葉に出来ないもの)を楽しめる方にとっては、結果に関わらず何かしら得るものがあります。
また、日本の業者が売れないだろうな、と思ってスルーしているコインもたくさんあります。
日本では主に
大きな金貨を買いましょう
という謎の風習に近いものがあるので、多くの業者は綺麗で大きな金貨を中心に仕入れてきます。
そのため、小さい金貨や銀貨、ニッケルとか銅とかはスルーされがちです。
海外オークションでは、そういったものもたくさん出てくるので自分で輸入する場合は、そういった「業者の見ないコイン」を探すことも出来ます。
ちなみにGMは、
気になる物は片っ端から見ていく
というスタイルなので金貨でも銀貨でもメダルでも大きさも関係なしに、まずは自分が気になるかどうかを基準としてチェックしています。
まさにこんな状態です。
ヤングエリザベス 5ポンド金貨の意外な使い道です。
背景もいい具合なので、個人的に気に入っています(本来は「傷」を調べるために撮影しましたが、今思えば汎用性の高さがすごいです)
特に、目玉商品となるものが出品された場合は、皆の目線がそちらへ釘付けになるので、他のコインがスルーされやすいです。
一通り見てるとは思いますが、それでも圧倒的な存在感を放つ物が出てきた場合、優先順位が下にされるので、安く買えたりします。
周辺もしっかり確認しましょう
良いものが見つかるかもしれませんよ?

未分類カテゴリの最新記事