未分類

【これで未使用品?】1713年 メキシコ 8エスクード金貨 コブコインとは?

投稿日:

今回、結構珍しい物がありましたのでご紹介します。

 

メキシコの8エスクード金貨、通称コブコインと呼ばれている金貨です。

 

 

当時のメキシコでは金貨の作り方がかなり雑で、棒状に伸ばした金・銀の延べ棒を決められた重さで切って、そこに打刻する、という方法でした。

 

 

なので形が丸くても歪でもOKでした。だいたい丸ければいい、そんな感じです。

 

 

コブ = 棒の切れ端を意味し、その雑な作り方をするコイン、ということでコブコインと呼ばれるようになりました。

 

 

どのくらい雑か、画像を見ればすぐにわかります。

丸く作ろうとした、というのは伝わりますが見事な崩れ具合です。

 

 

逆を言えば1枚1枚手作りなんだな、という味のある感じ方もできます。

 

 

実際、コブコインは1枚1枚の形が違います。

 

 

同じような形をしていますが、似て非なるもの、というのがコブコインの特徴です。

 

 

全く同じものが2枚として存在しない、それが他のアンティークコインとの違いです。むしろ古代コインに近いかもしれません。

 

 

この1枚はあちこち欠けてますし、上部分なんてごっそりと持っていかれています。

 

 

 

これで未使用品(MS)とPCGSがグレードを付けました。

 

しかもMS64という高グレードです。

 

 

 

アンティークコインを販売する業者が自分でグレーディングをしない(出来ない)理由がここにあります。

 

PCGSでも見る人によって多少の違いはあるにしても、MSグレードには変わりないだろうと思います。

 

 

これを見て、未使用品かつ数字をつけるなら64!と出せるのがすごい所です。

 

 

本物か偽物か、ぐらいであれば判断できますが、これを見て未使用品か流通品か、準未使用品か、と言われると判断が難しいです。

 

 

しかもこの1枚は、1715年に沈没した艦隊から発見されたものです。

 

当時は海賊との海戦や、自然災害(嵐やハリケーン)によって沈没する船が多々ありました。

 

 

沈没船の中は状態がとても良く、ほとんど劣化していないこともあり、引き揚げるのはものすごい難しいですが、貴重なものがたくさん眠っています。

 

 

 

ご購入・相談はこちらです。

 

-未分類

Copyright© GMアンティークストア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.