モダンコインの価格が上がりにくい理由

アンティークコイン1本に絞って、だいぶ気持ちが楽になったGMです。

今はアンティークコインはアンティークコイン専門、モダンコインはモダンコイン専門、という感じに切り離しました。
モダンコインは、あれこれ調べなくても情報がすんなりと集まるので他の人に任せています。
さて、今回はモダンコインの価格が上がりにくい理由についてです。
最近はアンティークコイン投資をします、と言いながら購入しているのがモダンコイン、という不思議な方が増えています。
株式投資やります!といいながらマンション1棟買ってる、みたいなものです。
言ってることとやってることが完全に矛盾しています。
そしてモダンコインはとても綺麗ではありますが、今後の価値はどうなるのか、と言われるとあまり期待できない、というのが現状です。
ファーストスパウズ金貨も全体的に値下がりしていますし、エリザベス5ポンド金貨は暴騰と暴落を繰り返し、初心者が買ってはいけない株みたいな状態になっています。
気に入ってるなら買うのがいいですが、投資を目的に入れているなら買わないほうが安全です。
今はだいぶ落ち着いていますが、結果としては以前の状態に戻りました。
一部はこういった高騰・暴落がありますが基本的には、あまり期待できません。
綺麗なのは間違いないですが、発行枚数=現存枚数といえるほど残っているのと、昔は融解されたりしたのが多かったのですが、今はそれがありません。
価値が上がると思って皆が大事に保管している関係上、なかなか数が減りません。
市場に出回っている数が減ったとしても、現存枚数自体は変わりません。ちょっと上がるかもしれない、程度です。
昔はそんな余裕もなかったので、大量に融解して新しいものに回したりしていたので、発行枚数が100万枚あったとしても、現存枚数がものすごく少ない、というのも当たり前です。
なので、モダンコインは「気に入ったら買う」「投資目的で買わない」というのが無難です。
アンティークコインもそうですが、「気に入らないけど買う」というのは失敗する典型的な例です。
気に入ったから買う、これが基本です。
モダンコインもアンティークコインも、気に入ったから買う、昔からのやり方です。
ただ、気に入ったら何でもいいか、と言われるとそういうわけにもいかないので将来性とかをしっかり見て、買うかどうかを判断します。
将来性があるなと感じても、何か合わないなと思ったら買いません。
1年後に期待出来るコインがあったとしても、なんか違うと感じる物を1年間持ち続けると言うのは結構な苦痛です。
1年後の予想結果が、その苦痛が気にならなくなるくらいの数字が出せるなら耐えられますが、殆どは無理です。
そう考えると、自分が気に入ったものを第一に選ぶのがオススメです。
ちなみに先日、イギリス(グレートブリテン)のゴールドメダルを1枚購入しました。
デザインが気に入った、というのが一番ですが、PCGS鑑定最高グレードかつ2枚しかなく、当時のメダルが入っていたオリジナルケース付き、というのが魅力でした。
写真では絶対に伝わらない、けど近くにいるわけではないのでそれ以外に方法がない、というのが現状です。
コインを買う前に一度確認してみましょう。
そのコインを買う目的は何か?