1900年の1ドル銀貨、モルガン銀貨 NGC-MS65 DPLとは?

アメリカの有名な銀貨、あのモルガン銀貨の高額パターンです。
モルガン銀貨は造幣局や年代によって価格が大きく変化しますが、今回はその1枚です。
1900年に発行された物で、発行枚数は8,830,000枚と非常に多いです。
しかし、NGCプライスガイドでは45,000ドルという驚異的な価格です。
18,750ドル上昇した記録です。
なかなか見られない驚異的な上がり方をしているグラフです。
通常のグレードであれば、安値で購入できますがDPLなどの
変わったグレードになると、話が変わってきます。
DPL(DeepProofLike)はプルーフのような見た目で、宝石のような
美しさを持っていると言われることが多いです。
角度や光のあてかたによって輝き具合が変わるのが、プルーフ
の特徴ですが、DPLはまた違った輝きを見せてくれます。
深みのある色合いに見えることもあれば、薄い銀色に見えることもあり、
見ていて飽きないのも特徴の1つです。
より詳しい事を知りたい方は、下記をご覧下さい。

https://gm-stores.com/coin/products/detail/60