1883年の1ドル銀貨、モルガン銀貨 PCGS-MS66 DMPLとは?

NO IMAGE

1883年に発行された、アメリカのモルガン銀貨の紹介です。

 

ミントマークはCC、造幣局はカーソンシティです。

 

ネバダ州にあった造幣局で、今は博物館になっています。

 

当時は金貨・銀貨を製造していましたが、稼働期間僅か19年で幕を閉じて、

毎回発行枚数も少なかったことで有名です。

 

 

ミントマークは「CC」です。

 

 

発行枚数が少ないため、他のものと比べて高値で取引されていることが

多いのが特徴です。

 

1883年発行で、PCGS鑑定でMS66 DMPLというグレードがついています。

 

DMPLはDeepMirrorProofLikeの略で、プルーフではないが鏡面加工を

施したかのような綺麗な見た目をしている、ということです。

 

まるで一部が鏡になっているかのような輝きがあります。

 

写真でこれだけ綺麗なのですから、実物にも期待です。

 

 

MS66という高グレード、100年以上前であれば、MS67が限界だ

と言われているほどですので、とても状態が良いことを意味します。

 

 

ちなみに最高グレードはMS67ですが、最高グレードなだけあって、

プライスガイドで2万6000ドル、しかも2枚しかないという希少性を

誇ります。

 

 

その1つ下のグレード、ということを考えると、とても安く感じられます。

かといって頻繁に見られるものでもないので、希少価値は高いです。

 

 

 

GMコインストアで詳細を確認する↓

https://gm-stores.com/coin/products/detail/85

 

未分類カテゴリの最新記事