1884年 アメリカ 3セントニッケル硬貨 PCGS-PR67 DCAMとは?

NO IMAGE

1884年発行の3セントニッケル硬貨についての紹介です。

 

一般的にはThree Cent Nickelと呼ばれています。

 

 

3セントニッケル硬貨は年代によって発行枚数が異なり、状態によっては数千円でも購入出来ます。

本当に状態を選ばなければ、1000円以下でも買えます。

 

デザイン自体はとてもシンプルで、表面はリバティ、裏面は「Ⅲ」と書かれているだけです。

 

 

このシンプルさが人気の秘訣でもあります。

 

 

プルーフかつ状態が良いものは値段が跳ね上がります。

 

 

1884年のプルーフは発行枚数が3,942枚と少なく、鑑定済みは僅か4枚です。

 

 

PR67 DCAMが最高グレードです。

 

 

100年以上前で67と言うのはかなりの高グレードで、直径1.79mm、重さ1.94gでよく残っていたなと思います。

 

この硬貨の使用について署名したのが、エイブラハム・リンカーンです。

彼の生きていた時代だ、というのを考えると本当に長い年月、良い状態で保管されていたというのがわかります。

 

 

小さいものほど紛失しやすいですし、昔の技術で綺麗に作り綺麗なまま保存されている、というのはとても貴重です。

 

 

更に1890年には発行枚数が少ない、という理由で発行中止となり、殆どが5セント硬貨を作るために溶かされました。

 

 

発行枚数が少ない上に溶かした、となると現存枚数が極端に少なくなります。

 

 

当時、コレクターが多ければある程度は確保されているかと思いますが、この3セントはそんなに収集されていなかったこともあり、年代によっては高値になります。

 

 

だからこそ、今となっては貴重な1枚となっています。

 

 

PCGS鑑定では最高グレードでもあるので、入手するのが難しい1枚です。

 

 

より詳しい情報はこちら

未分類カテゴリの最新記事