意外と忘れがち?PCの電力について

VR環境を作ると、結構なパーツを増設したり交換したりすることになります。

交換するだけなら大した事はないですが、問題は増設した場合です。

マザーボードに差込口があるからといって何でも繋いでいくと、とある問題がおきます。

 

電力不足です。

 

 

電力不足とは?

PC本体には電源を繋いで動かしていますが、それ以外のパーツはその電源からマザーボード経由で電気を取っています。

つまり、結局はPC本体の電源から全部供給されています。

外付けHDとかなら別に電源がありますが、PC内部のパーツは直接コンセントに繋げません。

蓋してるので穴でもあけない限り、外へコードが出ることがないので当たり前といえば当たり前ですが…

 

最初のうちは電源も気にすること無く動きますが、増設していくとだんだんとPC内部が圧迫されていきます。

そして何かとSATA電源ケーブルを使います。

差込口からあるからといって全部差しても動く、ということはありません。

増やせばそれだけ電力を使うので、どうしても耐えられない状態になります。

 

その結果、電力が不足して何かしら動かなくなったり、動作が不安定になることがあります。

実際、VR環境を作った時にUSB3.0ポートが使用不能になりました。

しかも今外している1本を繋ぐと不足するようで、現在はかなりギリギリのようです。

 

 

増設したら電源もチェックしよう

電力不足は何かと厄介な問題に発展します。まだUSBだからいいんですが、これが本体に直接影響を及ぼすこともあります。

なにせ電力ですから、不足したら本体の電源がプツン、ということも普通にありえます。

電源が落ちれば全滅です。何があろうと最優先するべきことです。

 

部品を増設した場合はまだ電源が耐えられるのかどうか、というのをチェックしましょう。

フリーソフトを使ったり、サイトで調べたり計算したりして、大まかな電力をチェックします。

省電力といっても大量に増設すればかなりのパワーになります。

それに元々の電源自体がしょぼければ、どれだけ省電力であっても耐えられません。

 

ただし、電源を交換すればいいだけではないのが厄介な問題点です。

電源を交換すればそれなりのパワーが使えますが、調子に乗って更に増設するともっと大きな問題が出てきます。

 

 

 

要チェック!差込口は大丈夫?

次から次へと出てきますが、今度はPCではなく「家のコンセント」問題です。

大体のコンセントは数が少ないので、電源タップを使って差込口を増やしています。

その電源タップ、1500Wとか書いてあります。

 

そのPC、何Wですか?

 

今のPCは300Wでちょっと厳しい状態ですので、今度は450Wか600Wにする予定です。

そして既に差込口はいっぱい、色々な物を繋いでいます。

 

600Wを接続してフル稼働させた場合、全差込口使用で何Wになるか?

 

今度はPCが落ちるどころか、PCがつながっている電源タップ丸ごと落ちることも考えられます。

つまり、つながっているもの全部が一斉にプツンとなる可能性があります。

恐ろしいですよ、これは…

 

PCだけの問題かと思ったら、今度は電源タップにつながっているもの全部にまで影響します。

更にその先のコンセントがどれだけいけるか、というのも関わってきます。

 

最悪のケースとしてはブレーカーが落ちることもありえます。

 

PC1台だけならどうってことないですが、エアコン、ドライヤーなど他の家族が一斉に使い始めたら?

モニタとかサウンド関連とか色々と電力を使っています。

それらがどうなるか?

 

・・・電力ってかなり難しい問題です。

タグ: , ,