これからのアンティークコイン投資について

これからのアンティークコイン投資について

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

人気の記事が何かと探っていたら、「アンティークコイン投資」であることがわかりました。

アンティークコイン投資に関する記事の閲覧が結構多く、情報を求める人が多いのがよくわかりました。

基本的なことは書いていますが、今後に向けてことも書いていく予定です。

 

 

 

これからのアンティークコイン投資の向かう先は?

これからのアンティークコイン投資ですが、知名度で戦えるような時代ではないと感じています。

というのも、知名度が高いコインがあまりにも出回りすぎです。

希少価値が高い、というよりも「今話題のコイン」みたいな流行りで買われているな状態です。

流行はいずれ廃れて忘れられていきます。

 

流行りに流されないのが本当のアンティークコインですので、流行りもので稼ごうというのはかなり厳しくなると思っています。

むしろ本当に自分が欲しいものを追求したほうが、後々高くなっている可能性も高いです。

実際、最近PC部品などを買い漁っていますが、値段を見ずに「これいいな」と思ったものはだいたい高値です。

絵画もこれいいな、と思ったものはだいたい200万~6000万円レベルが多いです。

 

アンティークコイン投資で失敗する人達はまず「値段」で判断します。

見た目が気に入るかどうかは別として、自分の予算と将来性があると聞いたものを探して回っている人が多いです。

なので見た目が気に入らない、けどお店の人がレア物だと言ったから買った、という場合も多々あります。

当然ながらデザインがいまいちなので、人気も出なければ値段も上がらないままです。

 

たまに自分が気に入らないのに売れると思ったから買っている、という人もいます。

デザインを全く気に入っていないどころか、ほしくないと思っているので持っているだけでストレスになっています。

売れない、欲しくもない高額なものを所有し続ける、というのは精神的に良くないです。

 

これからの時代、本当に良いものだけが選別されて生き残っていくようになってきています。

海外オークションでも良いコインの出品数が全体的に減ったな、と思っています。

逆に良い物が出ればそこへ人が集中するので、値段がとんでもないことになることもよくあります。

その場合、他のコインへ回す予算もそっちへ優先されるので他のコインの上がりが弱くなります。

 

 

 

今も昔も変わらないこと

アンティークコイン投資において、時代が変わっても基本的な部分は何も変わっていません。

当たり前なことですが、アンティークコイン投資で活用するのはアンティークコインです。

今の時代、アンティークコインの定義自体をお店独自のものにしている所が多いです。

 

アンティーク=100年以上前に作られた物

 

これが日本以外の海外でも基準としている所が多く、モダンとアンティークのカテゴリーがある場合はそこで分けられます。

アンティークコインのカテゴリーにモダンコインがあるのは日本独自です。

アンティークコイン投資でアンティークコインを買うのは基本中の基本であり、名称の通りとしか言いようがないものです。

 

その中からしっかりとコインを選別する必要はありますが、まずは「アンティークコイン」ということが再重要です。

これが出来ていない人ほど、アンティークコイン投資で失敗しています。

基本中の基本ですが、これからの時代はこの基本が出来る人でないと生き残ることが出来ない時代になっています。

 

 

レアコインは市場から消えつつある

昔と違って、今はレアコインと呼ばれるコインはどんどん市場から姿を消しています。

知名度が高くて日本でもそれなりに人気の高いコインの多くは、それなりに出回っていたり頑張ったら手に入れることが出来る物が多いです。

本当にレア物のコインは数年に1枚、10年に1枚程度しか出てこないので爆発的な値上がりをすることが多いです。

出てきただけで注目され、話題にされるのが本当のレアコインです。

 

日本でレアコインとされているものは、だいたい数ヶ月待てばどこかで入荷するものが多いです。

オークションでも出てきますし、ちょっと待てば手に入るので待てます。

レアコインは下手すると一生に一度会えるかどうかレベルなので、見逃したら一生会えない可能性もあります。

次に出品されるのは、持ち主に何かあった時くらいなので基本的にはどっちがより長生きするかの勝負をすることになります。

 

それに本当に希少価値が測れないレベルになってくると、まず市場には顔を出しません。

いわゆる「内々」のルートで売買されるので、一般市場にでは出てこないのです。

その時にディーラーとの関係がどの程度か、どの程度の資産力があるのかが勝負になってきます。

 

アンティークコイン投資の基本でもある、レアコインを手に入れる方法の1つとして、ディーラーとの付き合いも大事です。

規模の小さいディーラーだったとしても、ある日物凄いレアコインを手に入れることだってあります。

だからこそ、色々なディーラーとのつながりを持っておくとレアコインを手に入れるチャンスも増えます。

 

 

 

今までより選別される時代になっている

今まではある程度のレベルのコインであればそれなりの速さで売れていましたが、今は売れにくくなっています。

人間社会で言えば貧富の差が激しい、というのがアンティークコインの世界でも起きています。

基準としては100万円あたりかそれ以下で、一気に価格差が激しくなってきています。

 

100万円以下の安いコインはどんどん安く、1000万円レベルになるととんでもないところまで上がっているコインもあります。

5000万円レベルになると予想価格が当てにならない程上がったりしています。

逆に安いコインも違う意味で予想ができない程下がっているのもあります。

かといっていきなり数ヶ月後に3割ダウン、半額、みたいな大暴落が無いのがアンティークコインです。

 

昔と比べて参入者も一気に増えていることもあり、アンティークコインの知名度もかなり上がっています。

たまにセミナーを開催したりすることもありますが、そのときにもアンティークコインのことを知っている人が多かったです。

具体的な神は知らないけども、聞いたことはある程度のレベルですが、昔と比べたらすごい進歩です。

それだけ多くの人が購入する機会がある、可能性があることを意味しています。

 

購入する人が増えると、人気のコインはより手に入れにくくなり値段が上がっていきます。

そうなる前に確保しておくことで、将来の値上がりに期待出来るコインを安価なうちに手に入れることが出来ます。

今は安いから価値がないと決めつけずに、何故このコインが将来性あるのか、を考えることも大事です。

 

 

 

今後もモダンコインは増え続ける

今まではある程度知名度のあるアンティークコインが集中的に売れるような状況でした。

正直、アンティークコインじゃなくてモダンコインのほうが圧倒的に多いのも今の現状です。

しかしモダンコインは今後も増え続けますしアンティークコインのように100年経っても、数があまり減りません。

皆が大事に保管している以上、紛失する可能性が圧倒的に減ってきています。

 

そうなってくると、100年200年経っても大量に残っているコインになってしまうのです。

金貨であればゴールドとしての価値があるので、最低限の価格はありますが+アルファの価値があまり期待できません。

そりゃどこにでも売ってるようなものであれば、誰でも買える状態なので値段を下げるしかないのです。

 

趣味としてモダンコインを買うのであれば全然良いと思いますが、アンティークコイン投資目的でのモダンコイン購入は凄いなと思っています。

モダンコインがアンティークコインになるまであと100年程度かかりますし、価値が出るとしたら300年程度の覚悟です。

何世代後の孫の事を考えて買っているのか、そこまで所有し続けてもらえるのかという問題も含めて凄い覚悟だと思います。

実際には多くの人は半年~1年で手放すので、買った時のお金すら回収出来ていない人がほとんどです。

 

 

 

 

鑑定済みコインが基本になってくる

これはずっと前からですが、鑑定済みコインが基本になってきています。

これが今後はより当たり前になってきて、未鑑定品を買う人は極少数になると思われます。

未鑑定品が鑑定依頼に出されていることや、参加者が増えて鑑定済みから入ってくるので需要も高まります。

PCGSかNGCのどちらかを選択するのが無難です。

 

鑑定済みコインは鑑定依頼をするために一度海外へ送る必要が有るため、かなりの手間です。

輸入して、鑑定依頼のためにまた国外へ出して終わったらまた国内へ戻す、となると結構な送料がかかります。

そのあたりのことも考えると、先に鑑定が終わっているコインを買うのが一番手っ取り早いです。

 

ただしその反面、偽物スラブ入りコインも大量に増えると予想されます。

アンティークコイン投資の基本として、偽物は買わない、というのもあります。

当たり前ですが偽物は完全に価値がないので、せいぜい研究用や観賞用インテリアとしてしか活用出来ません。

投資用としても、趣味としても偽物は役に立たないので、審美眼を鍛えておくことも必要です。

 

一昔前はスラブ入りだったら大丈夫、と言っている人もいましたが今は無理です。

鑑定済みですら数千円程度で偽物が販売されているくらいなので、すぐに出回ります。

バーコード・番号を調べればわかるとも言われていますが、偽物は本物のバーコード・番号を使用しているため防げません。

アンティークコイン投資で焦っている人達はこのあたりをチェックしないことが多いですが、チェックは必須です。

 

そもそもアンティークコイン投資をする場合は鑑定済みコインを買うのが基本です。

未鑑定品の場合、状態がはっきりしないのとかなりの主観が入るのでグレードに信憑性がないってのもあります。

出品者は美品と言っていても、買う側からしたら並品かそれ以下と判断されることもよくあります。

鑑定済みコインはそのあたりを数値化してくれているので、わかりやすく公平でもあります。

 

 

 

長くなりましたが、今までの傾向と今の流れを考えるとアンティークコイン投資は難易度が上がっています。

参加が遅ければ遅いほど損をする、そんな状態になりつつあります。

 

そして正しい知識を身につけること、これも基本です。

コイン関連情報カテゴリの最新記事