LIBERTYと叫ぶエラーコインについて

LIBERTYと叫ぶエラーコインについて

アンティークコインではないですが、非常に面白いエラーコインがあったのでご紹介します。

正直、こんなデザインになってしまうことが普通はありえないので狙ったのではないか?と思えるほど凄いエラーです。

 

 

LIBERTYと叫ぶ

アンティークコイン・モダンコインでも見たことがない顔をしているのがものすごく記憶に残りました。

一度見たら忘れない、というのはこういうことでしょう。

大体は口を閉じて左か右を見ているものですが、まさか叫んでいるように見えるものがあるとは思っていませんでした。

 

更に凄いのがこれがエラーコインであり、デザイン自体が明らかにおかしいことです。

エラーでもここまでデザインが変わるエラーは考えられず、あるとすれば元からこんなデザインだったものであることです。

元々叫ぶような顔をしたデザインで、たまたまエラーの関係で「LIBERTY」と叫んでいるように見えてしまったのではないかと思われます。

 

それにしてもここまで完璧な叫び方、狙ったかのような綺麗な位置、元からこんなデザインですと言われたら納得するレベルです。

誰かがネタとして作ったものだとしたら、それはそれで凄いレア情報です。

処分し忘れたのか、出回ってしまったことが大きなミスです。

 

そして他にもエラーのポイントとして、右側は1セント、叫んでいるデザインはクォーターダラーであることです。

ここまで凄いエラーコインはそうそう見れません。

元のデザインを知らない人なら本当に叫んでいるようにしか見えないでしょう。

 

 

 

元々のデザイン(25セント硬貨)は?

早めのネタバラシではありますが、25セント硬貨(クォーターダラー)の元デザインを見てみましょう。

実はこれもエラーコインですが、ちょっとズレている程度で稀によくあるものです。

これを見て気づく人もいるかもしれませんが、元々のデザインでは喉部分にLIBERTYと書かれています。

元々のデザインでは口元は完全に閉じていて、叫ぶようには見えません。

実際には先程のエラーコインは叫んでいないのですが、叫んでいるようにみえるトリックです。

 

ちなみにこの程度のエラーであれば、特別な価値はなく高値にはなりにくいです。

先程のはそう見えるだけとは言え、かなりのインパクトがあり価格も結構上がっていました。

エラーコインを買うのであれば、ただズレているだけのものよりも興味がない人でも見たら興味を惹くようなものがお勧めです。

 

 

 

何故叫んでいるように見えるのか?

それでは、何故叫んでいるようにみえるのか、について解説します。

位置・角度があまりにも絶妙すぎて他のコインだとあそこまで綺麗に見えないでしょう。

叫んでいるようにみえる部分だけを、元デザインから見てみましょう。

喉元部分だけを拡大してみれば、大きく開いた口のように見えます。

更に強く打刻されたことによって、鎖骨あたりが強調されて顎のように見えるのもポイントです。

あのエラーコインにも口元が描かれていますし残っているのですが、かなりわかりにくいです。

 

顎・大きく開いた口・鼻が揃っているので「顔」のようにみえるのです。

左斜め上を向いて「LIBERTY」と叫ぶエラーコイン、と銘打てば見てみたいと思う人はかなり多いでしょう。

ただ拡大しただけでは普通に見えるものが、あえて顎のように強調したりすることで叫ぶようにしか見えなくなるのです。

だからこそ「狙ったのではないか」と思っています。

 

このからくりを知った状態で再度元画像を見ても、やっぱり叫んでいるようにしか見えませんでした。

海外オークションで途中ですが、見た段階では既に7000ドル、手数料込みで8400ドルでした。

つまりそれだけインパクトが強い、ということなのでしょう。

 

 

 

叫ぶことに一切触れないオークション情報

値段が高い理由はエラーであること、このデザインの面白さだと思って説明文はどうなっているのかを読んでみました。

この叫んでいるようにみえることについては一切触れず、ものすごい真面目な説明でした。

このエラー自体が珍しいこと、どの程度ずれているのかといった部分が説明されています。

むしろそんな細かいところよりも、これに関しては目につくところがあると思ったんですが…

 

しかし、そんな少ない情報でありながらもこれだけの値段がついています。

オークションなのでもっと上がるかもしれませんし、可能性はまだまだ未知数です。

個人的にはここまで面白いレベルのエラーコインはないと思っています。

エラーコインに興味のない人ですら思わず見てしまうエラーです。

 

 

コイン関連情報カテゴリの最新記事