【20円金貨】1911年(明治44年)発行 20円金貨入荷しました【ヤフオクで販売中】

実はなにげに初めて取り扱う日本のアンティークコインでもある、20円金貨のご紹介です。

販売できるのは恐らく6月頭くらいかなと思われますが、入荷は確定しました。

海外のアンティークコインが日本にたくさんあるように、日本のアンティークコインも海外に沢山存在します。

 

とにかく早く欲しい!という方は下記からヤフオクへ移動し、ご確認ください。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d285322327

 

 

20円金貨とは?

そもそも20円とは何か?から始めていきましょう。

普段馴染みのある通貨で一番近い額面は10円ですが、昔は20円金貨が存在しました。

海外金貨はよくありますが、日本でも当時は普通に金貨が通貨として使われていました。

 

当時の通貨はたまに株とかで聞く「銭」という単位があったので、円はそれより上になります。

今で言えば、アメリカドル=円、アメリカセント=銭、みたいな感じです。

イメージとして掴むには上記例がわかりやすいかと思います。

 

そして当時の金貨は1・2・5・10・20円となっており20円が最高でした。

これは昭和7年1月まで続き、昭和7年発行分は幻の金貨と言われるほど見ることすらないものです。

(厳密には1円と2円(圓)はもっと早く廃止されています)

 

今の感覚で言えば20円金貨=1万円札のような存在です。

当時、20円金貨とかを使っていた人は明治生まれか昭和初期生まれの人達です。

覚えている人すらかなり少ないでしょうし、若い人からすれば寛永通宝・小判くらいしか学校で習わないので存在すら知らないかもしれません。

 

 

 

入荷する金貨について

今回入荷が確定した金貨は、1911年(明治44年)に発行された20円金貨です。

鑑定はPCGS、グレードはMS62ですので未使用品になります。

100年以上前に発行された日本の金貨で、どういうわけか海外へ渡り、107年かけて日本へ戻ってくるわけです。

 

ちなみに造幣局は大阪です。

大阪生まれ、大阪育ちの身としては何か妙な親近感が沸きます。

現物がまだ手元にないですが、説明文を見る限りは美しい深みのある金色だそうです。

これは非常に楽しみな1枚です。

 

素材は90%が金、10%が銅で作られており直径28.78mmと程よい大きさです。

重さは16.6gなので、今の通貨と比較すると2倍以上の重さがあります。

 

参考:500円玉の直径は26.5mm、重さ7g

 

明治時代ですので文字の読み方が今とは逆になっています。

今は左から右ですが、当時は右から左だったので金貨へ書かれている文字も右から左へ読みます。

あと、円の漢字が難しい字が使われており今と違って「圓」が当時の字です。

二十圓で20円です。

 

そして安心のPCGS鑑定済み、グレードはMS62です。

発行枚数は1,470,057枚で、鑑定済み枚数が少なくどのグレードも10枚以下です。

PCGS最高グレードはMS66、最低グレードはAU58になります。

発行枚数の割に鑑定済み枚数が少ない、というのが少し気になるところです。

 

鑑定済み枚数が少ない場合は、元々の枚数が少なすぎるか殆ど現存していないか、のパターンが多いです。

今回の場合は100万枚以上なので、あまり残っていない印象を受けます。

未鑑定品もちらほら販売されていますが、それでも数は少ないです。

 

 

 

意外と少ない日本の金貨

今回1枚入荷することになったので、他にもないか調べてみましたが意外なことに見つかりませんでした。

日本のコインは基本扱っていなかったので、探し方が悪いのか本当にないのか、まだ判断出来ませんがそう簡単にはでてくれないようです。

今わかっている範囲での出品物も確認しましたが、たったの4件でした。

 

金貨以外であればそれなりに数も増えますが、それでも他国と比べると少ないことに変わりありません。

発行枚数が少ないわけではないですが、残っていないのかあまり出回っていません。

日本国内に大量にあるから、と思われがちですが実際は逆です。

 

当時の日本は貿易赤字と円下落の影響で、日本金貨を海外へ輸出していました。

どちらかと言えば日本で流通させるよりも、輸出させる方がメインだったくらいなので海外に殆ど出ていっています。

なので日本にある金貨は、その数少ない生き残りか、海外から帰ってきたものです。

海外へ渡って融解されたりしたのか、紛失されたのか、理由は様々です。

 

特に日本では大きな金貨が人気が高いのですが、一番大きいサイズの20円金貨は少ないです。

1ヶ月に1枚あったらいいかな程度です。

今後の出品スケジュールも確認しましたが、1ヶ月1枚ペースでタイミング次第では2ヶ月に1枚になるかもしれません。

 

そしてこの1枚を巡って競い合うわけです。

 

 

 

全体画像一覧

ヤフオクに出品中のものと写真がダブるので、メインのみ掲載しております。

 

ヤフオクは下記URLになります。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d285322327

 

今回の入荷はこの1枚のみ、次の入荷は未定です。

年代違いは入荷する可能性がありますが、今のスケジュールだと1ヶ月1枚出品される程度なので、入荷で考えると3ヶ月~と思われます。