GMコインストア コイン関連情報

値下げしてもコインは売れない?

投稿日:

 photo d6dafde140fde54377a151a5952eeba0_s_zpsc0mutupp.jpg

最近はあちこちでセールが多くなってきたように感じます。

セール自体は大歓迎ですが、物によってはマイナスになることもあります。

 

アンティークコインが売れない時によくやってしまうのが「値下げ」です。

普通に考えれば値段が下がるのは嬉しい事ですが、タイミングによっては悪循環を招きます。

 

 

売れないから値下げ、は危険

個人であればアンティークコインをオークションに出品したり出来ます。

むしろ個人で売る方法としては、委託販売か自分でオークションに出すくらいしかありません。

委託販売であれば、業者も提示価格とすり合わせる必要があります。

そのため、最近はオークションに自分で出す人も増えています。

 

しかしオークションはタイミングも重要なので、運が悪いとずっと売れ残ります。

価格設定を間違えている場合を除いて、売れないので値下げしよう、というのはかなり危険です。

販売しているコインにもよりますが、ある程度入手し易いコインだと仮定します。

いつでもどこでも金を出せば手に入るコインの場合、値下げしても売れにくいです。

 

何故ならどこでも売っているコインであれば、誰かが値下げをすると対抗する人が出てきます。

更にそれを見た人が値下げをして価格を合わせて、それを見た別の人がちょっと下げたりします。

そうなると値下げ合戦になり、どんどん下げていかないと売れなくなります。

安い所から買われていき、購入希望者がいなくなったら余計に売れなくなります。

 

供給はあるのに需要がない、しかも値段もかなり下がったという最悪の状態を引き起こします。

誰よりも早く、誰よりも安く提供できたのならチャンスはあるかもしれません。

その代わり、全く手元にお金が残らず手間だけかかって後悔する可能性も高まります。

 

 

 

売れない理由を考える

売れないな、と文句を言っても状況は何も変わりません。

売れないのであれば売れない理由を考えるのが一番です。

ただしここで考えないといけないのが「価格以外」の部分です。

 

もしかしたら単純に需要がないだけの可能性もあります。

タイミングによっては欲しい人全員の手に渡っていることも考えられます。

そんな時は日本で売るのではなく、海外向けにオークションに出すというのも1つです。

日本という狭いフィールドで需要がないなら世界に目を向ける、ということです。

 

需要がないのなら需要がありそうな所で販売する、とても大事なことです。

 

売れないなら売れるフィールドを探したり、売り方を変えてみるのです。

オークション形式だったものを即決にしてみたり、業者に委託販売するのもありです。

値下げ交渉をオフにしているのであれば、オンにして様子を見るなど、出来ることはあります。

 

 

値下げは本当の最終手段

値段を下げるのは本当に最後の手段です。

全てやってみたがこれ以上出来ることがない、よそはもっと安い、という場合です。

よそで安く売っていて、それでも売れ残っているのであれば何かしら対策が必要です。

 

何でもいいからとにかく早く手放したい、という場合は値下げをするのもありです。

持っているだけで運気が下がりそう、とか気持ち的なものがあれば早く売ったほうが安心出来ます。

そんな時はオークションで1円スタートにすれば、よほどのことがない限りは売れます。

 

値下げ競争に巻き込まれるな、というのは商売をする上でもよく出てくる言葉です。

本当にどうしようもなく打つ手なしになった時にだけ、使うのが値下げです。

頻繁に下げていると、買おうかと思っていた人がいたとしても「もっと下がるだろう」と思われます。

その予想通りに下げていくと、「更に下がるのでは?」と思われてしまいます。

これ以上下がらないだろう、という所まで下がらないと買わない、ということが起きます。

 

 

売れないのは高いからではなく、別の理由があると考えて何かしら手を打ってみましょう。

-GMコインストア, コイン関連情報
-, ,

Copyright© GMアンティークストア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.