GMコインストア コイン関連情報

アメリカの沈没船、セントラルアメリカ号とは?

投稿日:

アメリカのアンティークコイン(金貨)について勉強していくと、たまに珍しいものに遭遇します。

 

そのうちの1つが、セントラルアメリカ号です。

カリフォルニアゴールドラッシュ時代に、大量のゴールドを積んだまま沈没した有名な船です。

 

未だに引き上げ作業が続いていますが、次々とゴールドが発見されています。

2008年と2009年にはその沈没船から引き揚げられた金インゴットを使った金貨が作られたりしています。

 

どの程度のゴールドを積んでいたかといいますと、推定3トンとか21トンとか色々な話があります。

法律的な問題や、沈没船からの引き揚げが容易ではない等もあって、そう簡単に引き揚げられない状態です。

そして興味深いのが、この沈没船に20ドル金貨が存在することです。

 

PCGS鑑定ではこのような感じにラベルに記載されます。

沈没船と共に沈んで長い間海の底にあったにも関わらず、沈没船の中の状態が良かったため、綺麗なまま残っています。

 

沈没船から引き揚げられた、というのが付加価値として大きな存在になっています。

通常は個別の認定番号が割り振られますが、それがないのも特徴です。

 

ちなみに船が沈没した理由はハリケーンに遭遇したことです。

この船以外にも数多くの船が沈んだと言われていますが、自然災害だったり海賊に襲われたりだったりと理由は様々です。

でも沈んでから100年以上経過しているのに、船の中はそのまま、というのは凄いことです。

 

実際、金貨以外にも当時使われていた道具がそのままで残っていると言われています。

沈没して完全な密室状態で、当時の乗組員たちが使っていたものとか、服とかも状態が良いまま残っているそうです。

 

他にも色んな船が沈んだままになっていますが、引き揚げられた時はちょっとしたニュースになります。

 

沈没船から引き揚げられたアンティークコイン、これだけでロマン溢れる話です。

-GMコインストア, コイン関連情報
-, ,

Copyright© GMアンティークストア , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.